BLOG
2017.1.25

シリコーンって髪に悪いの!??~自分の髪に合ったものを選ぶ~ 仙台駅 美容室 Utata(ウタタ)

皆さん、こんにちわ!

いつもブログを読んでいただきありがとうございます!

今日は、ちょっと前に書きましたシャンプー編のスピンオフで、シリコーン編をお送りいたします!

シャンプー・トリートメントを語る上で外せないワード。

そう、【シリコーン】!

または【シリコン】とも言います。

聞いた事ある方も多いですよね!そのシリコーンとノンシリコンについて!



 

まず、シリコーンとは何か!??

医療用品や、赤ちゃん用品、化粧品などにも使われる安全な成分です!

そんなシリコーンが「髪や頭皮に悪影響だ!」と数年前は言われておりました。

確かに、十分にすすぎきれていないと稀にパーマがかかりにくい、カラーが染まりにくいなどの現象が起きてしまいます!

シリコーンが髪に付着しコーティングしてしまったからです。

美容師業界では一般の方々以上に敵視している方も多いです。

それでは、ノンシリコンが良いのか!??

ノンシリコンの物にも種類はありますが、補修成分のないものははっきり言って髪をダメにします!

例えば

・シリコーンが入っているシャンプーはベタッとなるから、ふわっとするノンシリコンを使う!

補修成分、洗浄剤がしっかりしていれば良いですが、していない場合自殺行為と言っても過言ではありません!

 

では、シリコンは成分表示では、どのように表記されているのでしょうか?

・ジメチコン・アモジメチコン・シクロメチコン・ジフェニルジメチコン・シクロペンタシロキサン etc

 

こんな感じの「〇〇メチコン」「〇〇シロキサン」はシリコーンです!

基本的には安全なのですが、実はケースバイケース。

シリコーンはキューティクルをくっつけてはがれにくくしてくれる、保湿剤の油分です。

ですので、頭皮の油分が多い方、健康な髪の方は注意が必要です。

例えば、

・週一回の集中型のトリートメントと呼ばれる商品を毎日使う。

これは、残留してしまいます。すすぎきれないのです!

 

シリコーンは正しく使うと頼もしい味方です!

なんとなくで使ってしまうと、

さらさら、ツヤツヤ美髪だったはずが、

ギットリ、重たいベトっとした髪になってしまいます!

 

つまり!何が言いたいのかと言いますと、

【自分の髪に合ったものを選んでいますか?】【自分の髪に合ったものを知っていますか?】ということ。

ノンシリコンを使うのか!シリコーンを使用しているものを使うのか!

それは、一人一人違うということ!!!

 

Utataのシャンプー・トリートメントは一人一人の髪質、クセ、その時のダメージ(季節によります)により各5種類の中からカウンセリングをし、適性を導き出します!

シャンプーはノンシリコンですが、補修成分や洗浄剤が優れているため、シリコーンは必要ありません!

トリートメントはシリコーンが配合されております。その方に合ったものを処方するのでギットリ、ベタッとなりません!(もちろん、相性などもあるのでご相談下さい!)

 

どのようなものが良いか分からない、髪に合ったものとは?

ぜひ、Utataであなたの髪の悩みをお聞かせ下さい!

どのようなケアが良いのか、一緒に美髪にしていきましょう!

気になる方はご一報ください!

TEL↓

2F 022-265-6609  4F 022-393-9815

 

今回も長々と読んでいただきありがとうございます!

次回はライトな内容にしたいと思っております(笑)